ロータリーエンジンの特徴

私たちの生活において、欠かせない存在と言っても過言ではない自動車。
通勤や通学、日々の買い物やレジャーなど、現代社会において多くの人の生活の足として必須のものとなっています。

そんな自動車ではありますが、その最も重要な部分と聞いて多くの人の頭に浮かぶのがエンジンでしょう。
自動車の心臓部と言い換えることができますし、タイヤに動力を伝える役割も持っているため、走行性能などにも大きく影響します。
自動車を購入する際、エンジンについて確認をする人も多くいることでしょう。

そこで今回は自動車のエンジンについて、さらにロータリーエンジンという種類のエンジンについて解説をします。
このエンジンの特徴は、燃料室内をおにぎりのような形をした三角のローターが回転することによって圧縮や排気を行っていることにあります。
このローターの回転運動によって、運動エネルギーが一定となるため、エネルギーロスが少なくなり、少ない排気量で大きな力を発揮することが可能となります。

一方で、一般的なエンジンというのは、シリンダーの中をピストンが上下運動し、下部のクランクを回転させています。
上下運動をする際に運動エネルギーのロスが生じるので、比較的エネルギーの変換効率が良くないと言えるのです。

車を選ぶ際はエンジンにも注意したいですね。

コメントを受け付けておりません。