レシプロエンジンの特徴

レシプロエンジンは、シリンダーと呼ばれる金属製の円筒内部で燃料を爆発させ、その爆発力をピストンで受け止め回転運動に変換する内燃機関です。ピストンはシリンダー内を往復運動することで、クランクシャフトを回すのです。シリンダーの上部には燃料を取り入れる吸気口と、爆発後の排気ガスを排出する排気口が開けられ、これをそれぞれバルブ(弁)で制御します。ガソリンエンジンの場合には、シリンダーの上部に点火プラグが取り付けられていて、燃料を含んだ空気がシリンダー内で最も圧縮されるタイミングで火花を飛ばします。これによって圧縮された混合器が爆発し、ピストンを押し下げるのです。吸気―圧縮―爆発-排気の行程を2つのシークエンスで行ってしまうエンジンを2ストロークエンジン、4つのシークエンスで行うエンジンを4ストロークエンジンと言います。またシリンダーの数によってエンジンの排気量や大きさが決まってきます。オートバイなどの場合には単気筒(1気筒)エンジンが、そしてF1などのスポーツ用のエンジンの場合には12気筒といったものが採用されています。また気筒の並び方によっても性質が変わり、一列に並んでいるのが直列エンジン、V型に角度がつけられているのがV型エンジン、180度に寝かせて配置されているものを水平対向エンジン(ボクサーエンジン)と言います。

コメントを受け付けておりません。