構造的な違い

車のエンジンの構造には幾つかの種類があり、それぞれ特徴や性能が異なります。
DOHCは、ダブル・オーバー・ヘッド・カムシャフトの略で、吸気側バルブと排気側バルブのカムシャフトがそれぞれ独立して2本あり、カムシャフトとバルブのタイムラグを少なくできるので、高回転のエンジンや高出力のエンジンに対応できます。
また、部品点数が増えるので、重量が増して生産コストが高くなり、燃費も悪化傾向にあります。
SOHCは、シングル・オーバー・ヘッド・カムシャフトの略で、1本のカムシャフトで吸気側バルブと排気側バルブを動かし、エンジンヘッドの軽量化と、エンジン内部のパーツ同士による回転抵抗の軽減が期待でき、一般車に多く使われています。
OHVは、オーバー・ヘッド・バルブの略で、エンジン上部の吸気バルブと排気バルブを動かすためのカムシャフトが、ピストンシリンダーよりも低い位置にあるのが特徴で、低回転型のエンジンに適していますが、現在では旧式の機構になります。
SVは、サイド・バルブの略で、吸気バルブと排気バルブが上を向いて装着されており、構造がシンプルに造られているのでコンパクト設計も可能ですが、現在ではOHVエンジンよりも旧式の機構になります。

コメントを受け付けておりません。