形式的な違い

エンジンの形式的な違いは数種類あり、シリンダーの位置によって呼び名や特徴が異なります。
縦置き直列は、車体進行方向に対して、縦に複数のシリンダーを直列に並べたレイアウトで、横置き直列は、車体進行方向に対して、横に複数のシリンダーを直列に並べたレイアウトで、カムシャフトとクランクシャフトは、全てのシリンダーで共用するので、カムシャフトの駆動機構は1つの構造で済みます。
また、多気筒エンジンになるとスペースの問題が発生し、クランクシャフトが長くなるので剛性が確保しにくいという問題もあります。
V型は、シリンダーを左右交互にV字型に配置したレイアウトで、クランクシャフトの長さが短縮でき、剛性面で有利なので多気筒エンジンに対して容易に対応できるという特徴があります。
また、シリンダーヘッドが両バンクに分かれているので、複雑な構造になり、部品点数が多くなります。
水平対向は、1本のクランクシャフトを挟み、シリンダーを左右方向に水平に配置したレイアウトで、全高を低くできる事で低重心のエンジン搭載が可能になります。
また、シリンダーを左右方向に水平に配置したレイアウトのため全幅が広くなり、搭載車両の制限があります。

コメントを受け付けておりません。