ハイブリッドエンジンの特徴

ハイブリッドエンジンといっても様々な種類がありますが、現在日本で主流になっているハイブリッド車であるトヨタのプリウスやアクアの特徴はガソリンエンジン車の燃費が悪くなる状況の走行を電気モーターで補う事で燃費の改善を行おうとするものです。まずなりよりも大きな効果があるのは、停止状態からの発進時です。ガソリンエンジン車は静止状態から走り出すときエンジンの特性から発進に必要なトルクが得られず、変速機構を使って、それを補います。この状態が非常に燃費が悪いのです。実際にガソリンエンジン車に乗っていると、渋滞などが多い市街地の走行は発進停止を繰り返し燃費が悪いのが実感できます。しかしハイブリッドでは発進時に効率の良い電気モーターを使い、ガソリンエンジンの回転を無駄に高めることなく発進できます。また停止時に通常はブレーキにより熱となって捨てられる運動エネルギーをモーターを発電機として使って回収して再利用できる為無駄が少なくなる面もあります。この様にストップアンドゴーが多く、比較的低速な道路でも利用と言うガソリン車には燃費の悪い利用時の燃費を画期的に改善してくれるのがハイブリッド車の大きなメリットと言えます。

コメントを受け付けておりません。