エンジンの種類と構造

エコカー時代となり、ハイブリッド車や燃料電池車、電気自動車などが人気となっています。自動車は内燃機関の力で自動車を動かす仕組みになっていますが。エコカーの時代にあって、現在ある自動車の大半が内燃機関で動く自動車となっています。エンジンの種類と構造には、ガソリンとディゼルありますが、これは燃料とするものがガソリンん経由による違いとなっています。ディゼルに使われる軽油は、ガソリンに比べて精製が簡単なことからガソリンよりも安価なうえに、燃焼効率が高いため燃費が良いのですが、黒鉛を出すため敬遠されています。しかし、近年、黒鉛が出ないディゼル開発が進み注目されています。近年、ガソリンでは、ダウンサイジング可がされ、ターボを組み合わせて小型化による出力低下を補うとともに、燃費性能を向上させるものとなっています。ガソリンの場合、燃焼効率を高めようとするとガソリンと空気を混合する圧縮比を高める必要がありますが、圧縮比を高めることでノッキングなどのトラブルの原因になるため、ディゼルのように高圧縮にすることは困難となっています。しかし、マツダが開発したリーンバーン技術によりこれまでのカルノーサイクルではなく、ミラーサイクルとすることで燃焼効率を上げることに成功しています。